東京都では禁煙補助剤の服用が推進されています

東京都では2020年にオリンピックを行うこともあって、たばこの煙の無い社会を作ることを目指しています。
2015年の禁煙週間のスローガンは、東京オリンピックとパラリンピックの開催に向けて、スモークフリーの国家を目指しているものとなっています。
東京を中心に禁煙治療が推進されており、各地の医療機関で禁煙補助剤による治療が受けられるようになっています。
医療機関には禁煙外来が設置されているところもあり、条件を満たすことで認可を受けている医療機関であれば、禁煙治療を保険適用によって受けることが可能です。
健康保険が適用されるということで、安い治療費で禁煙できますので、経済的な側面においても治療しやすい制度が作られています。
現在の医療機関での禁煙治療に関して、主流の方法となっているものが禁煙補助剤を服用する治療法となります。
禁煙補助剤としては、2008年に認可されたチャンピックスの服用による治療が多く行われており、チャンピックスにはニコチンの代わりに、脳にあるニコチン受容体と結合する作用があります。
その作用によって、ニコチンを摂取していなくても、適度な量のドーパミンを放出できますので、ニコチンを摂取できないことによる切望感や離脱症状が軽減できます。
禁煙できない最大の要因と考えられているものが、ニコチンによる離脱症状となりますので、これを抑制できることで禁煙の成功率を高めることが可能になります。
禁煙補助剤の服用に関しては、用量や用法を守ることは勿論ですが、小児の手の届かないところに保管することも大切です。
また、保管状態が悪いと、医薬品の効き目が得られなくなることも考えられますので、安全な服用をするためには説明書を読んで、正しい保管方法に従う必要があります。