禁煙補助剤としんどい20日目の離脱症状

タバコを吸っているとさまざまなデメリットがあります。タバコの煙には、ニコチンや発がん性物質、発ガン促進物質、一酸化炭素などさまざまな有害物質が含まれているのです。また、脳卒中が起こりやすく血管が収縮することによって血圧が上がり、動脈硬化などに繋がってしまうのです。
そのため、禁煙にはさまざまなメリットが上げられます。病気のリスクが減り、食事が美味しく味わえるようになり、体調や肌の調子が良くなるなどのメリットがあります。
そんな禁煙を行うための禁煙補助剤を利用する事が効果的です。自分の力で我慢するよりも成功率が高くなります。禁煙補助剤には市販されているものと、病院で処方してもらうものがあるため自分に合ったものを選ぶことが大切です。
市販の禁煙補助剤は、貼り薬タイプとガムタイプの二種類が売られています。これは皮膚にはって皮膚からニコチンを体内に吸収さたり、口の粘膜からニコチンを吸収させることができます。
禁煙の一番しんどい時期は20日目の離脱症状だとされており、その症状を緩和することができます。離脱症状はしんどいと言う人は多くおり、イライラして落ち着きが無くなる、タバコを吸いたくて仕方が無い、怒りっぽくなったり、頭痛や眠気、不眠や集中力の低下、疲れやすいなどのニコチンが体から抜ける20日目の間にこのような症状が現れることが一般的です。
このようなしんどい20日目の離脱症状に耐え切れずにタバコを吸ってしまう人も多くいます。緩和してくれるのが禁煙補助剤ですが、副作用として貼り薬の方にはかゆみや赤み、ガムの方には喉の不快感や口内炎などが現れたりする場合もあります。
また、気持ちをコントロールするのも大切で、吸いたくなったら水やお茶を飲んだり、糖分の少ないガムを噛んだり歯を磨くなどの行動やタバコに必要な道具を捨てるなどの環境を整えることも大切です。