禁煙補助剤の働きと効果

禁煙したいけどなかなかできない。
そんなときには禁煙補助剤を使うのが有効な方法です。
具体的にどのような効果があるのでしょうか。
禁煙できない人はニコチン依存症になっています。
依存状態から抜け出すには専門家の指導もときには必要でしょう。

禁煙補助剤には、大きく分けてニコチンを含むニコチン製剤と、ニコチンを含まないものがあります。
まずニコチンを含むものは徐々に体内に取り込むニコチンの量を減らしていくことで禁断症状がでにくくするのが目的です。
皮膚に貼るニコチンパッチと、ガムにニコチンを入れてあるタイプのものがあります。

貼り薬は貼付個所の皮膚のかぶれや、頭痛、吐き気などがあるため、医師の処方薬が必要です。
ニコチンガムはドラッグストアで一般に市販されている。
注意しなければならないことはこのタイプの禁煙補助剤を使用して禁煙をしようとしているときはタバコは吸ってはいけません。
ニコチンの過剰摂取になって副作用が出るリスクが高くなるからです。

ニコチンを含まない禁煙補助剤は脳内にあるニコチン受容体に結びついて、ニコチンがその受容体に結合するのを妨げます。
喫煙時に分泌されるドーパミンを分泌させる働きがある一方、タバコを吸ったときに感じる満足感を低下させる効果もあります。
吸いたいタバコを我慢するのは難しいです。
自分からタバコはぜんぜんおいしくない、自分から吸いたくなくなるという薬は効果が高いです。

禁煙をしようとするのであれば医者で禁煙外来を受診することができます。
保険も適用されます。
このころは禁煙補助薬としてはニコチン製剤しか承認されていませんでした。
ところが現在では禁煙効果も高いことから、ニコチン受容体に結びつくタイプの薬も医療現場で使われるようになりました。