禁煙補助剤や禁煙用パイプを使って煙草をやめる

煙草が健康被害をもたらすことはご存じでしょうが、煙草の役割として脳を刺激し、気分転換となり、リラックス効果を高め、覚せい作用を出し、眠気などを抑制する効果があります。
これは、ニコチンを主としてタバコに含まれる物質に脳を刺激する効果があります。
煙草は「百害有って一利なし」と言われますが、喫煙者にとって害はありますが利が無いということも無いようです。
ただ、依存性が高くなる傾向があり、数年数が長くなるほど、呼吸器系にニコチンの耐性が付き、喫煙本数が増えることが分かっています。
長期で喫煙することで、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞のリスクファクターとなり、肺ガンの原因が喫煙による原因がトップであることもあり、健康被害となることから禁煙を奨める動きもあります。
タバコに依存している状態から禁煙をするのは極めて難しく、ニコチンが不足することでイライラとしたり、中には禁断症状を引き起こす人もおられるくらいです。
禁煙は徐々に体からニコチンを抜くことが必要で、禁煙補助剤や禁煙用パイプなどがあり、これらの使用により少しずつ禁煙に導き、体から完全にニコチンを抜いてゆきます。
禁煙用パイプはタバコの代替品で、パイプ内に爽快感を感じるメントールなどの成分が入っており、それにより脳への刺激が行われます。
禁煙補助剤はガムや禁煙パッチというもので、ガムやパッチ部分に微量のニコチンを含み、ガムを噛んだり、パッチを貼ることで体内にニコチンを取り込み、肺への煙の吸引なく煙草を吸ったときと同じ効果を得ます。
そして徐々に禁煙補助剤を減らして、最終的にはそれも中止します。
煙草をやめることで、睡眠の質が高まり、呼吸器や循環器の病気のリスクファクターを大きく取り除くことが可能でしょう。