禁煙補助剤利用者の禁煙成功率

今回は禁煙補助剤利用者の禁煙成功率についてお話します。

禁煙補助剤として有名なのはニコレットやニコチンパッチが有名ではありますが、その成功率はどうなのでしょうかこれは気になる方が多いでしょう。
最近では、禁煙治療に保険診療が適用されるようになりました。
そのためこれらの禁煙補助剤を利用する方が広く増えてきました。
また、一般に禁煙成功率は高いと言われています。
しかし、禁煙外来に行かなくてはいけなくそうしないと処方してもらえないのです。
そのため少し苦労しますが、その分安全性がありますで安心して処方してもらうことができます。

まず一番有名な喫煙補助剤のニコレットに関してご説明いたしますが、ニコレットには2種類あります。
一つ目がニコレットパッチガムです。
特徴ですが1日1回貼り、約10週間で無理のない禁煙へと導きます。
そして貼るだけなので周囲に禁煙していることがわかりません。
次に2種類目ですがニコレットパッチガムです。
こちらは肌が弱い方でも禁煙することできます。
それも人気である要因の一つです。
こちらはタバコを吸いたいときにゆっくりと噛むだけでとても簡単です。
1日にかなりの本数を吸う方にお勧めと言えます。
こちらの方法としては、徐々に1日のニコレットパッチガムの使用量を減らしていくというものなので無理がなく喫煙できます。
また、3か月を目途に治療していきます。
また、ニコチン製剤はタバコと並行して利用できないので注意が必要です。
本題である喫煙成功率ですが、ニコレットの場合12週間後の喫煙成功率は約41パーセントと約半分の方が成功されています。
また、減煙率は約30パーセントですので、効果が感じられます。
そして全利用者に言えるのが、喫煙本数を増やした方が誰一人いないということです。
これは成功と言えます。